吉祥寺を散歩しながら感じ考えた言の葉の綴り
by kojimatak
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ファーストユーザースイッチはとても面白い
Mac OS X Panther になって、ファーストユーザースイッチという機能が現れた。このスイッチはアプリケーションを開いて作業しているままの状態で、別のユーザーに素早く切り替えることが出来るスイッチなのである。
何が便利かといって、ちょっと一息つきたいときや、急にもう一つのユーザーでやっている作業のヒントを思いついたときなどに、さっと切り替えてもう一つのユーザーに切り替えて別人に成り切れるからである。このときには、もちろん一人で2つのアカウントを持って、2つのユーザーになっているのである。
この文章を書きかけで試しに別ユーザーにファーストスイッチしてみた。直ちに入ることが出来たのを確認して戻ってみると、矢車が回りっぱなしに成っていた。マウスは動くしブラウザーは何ともなく、ここに文字も書けたので少し書いてから直ちに送信した。
Driamweaver MX の画面がフリーズしている。Finderを強制終了して再度開き、Driamweaver MX も強制終了させたが、両方とも終了できない。そこで次々に強制終了をして行ったが、先の2つが問題を起こしているようなので、今度はMac G5 凾体のボタンを押してみた。しかし、画面が終了して青一色になったままで止まっているうえ、ボタンのうえの小さいランプが点いたままで消えない。何度かボタンを押してみたがその度に送風機が回る音がするだけで事態は改善されない。
そこで、コンセントを引き抜いて20秒後に元通りにコンセントをさした。それからMac G5 凾体のボタンを押すと、通常通りに何事もなく起動した。直後に TechTool の基本モードで検査したが何事もなかった。
このようなことで、Mac G4 のときよりは Mac G5 は予想以上に頑丈な体をしていることがよくわかったのである。
ファーストスイッチの遊びはこのような訳で、次回からすることにした。
[PR]
by kojimatak | 2004-09-09 22:30 | 思ったこと
<< そろそろ Mac G5 で独立... ステッキーズのメモと safa... >>