吉祥寺を散歩しながら感じ考えた言の葉の綴り
by kojimatak
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Mac G5 でついに独立を果たした
今日はまず、Mac G5 に取り付けてあったディスプレイのケーブルを外した。それから机の後ろに身をよじって入り込み、その取り外したケーブルを Mac G4 の背面に接続したのである。
Mac G4 は数日前から電源が入りっぱなしになっているので、ディスプレイに電源を入れるとすぐに旧環境・Jager の懐かしいデスクトップ画面が現れた。名残惜しいがリンゴマークからシステム終了を選んで、マシンの電源が切れるのを待った。
それから再びディスプレイのケーブルを Mac G5 に接続して新環境に戻した。机の後ろのケーブル類を始末すると、開けてあった壁との間を詰めて、以前より机の位置を前に出して椅子の回転前後動等の自由度を高めた。
肝心の Mac G5 を置く位置については最初に置いた位置にそのまま置くことにした。そこは私の座っている机の左隣のもう一つの机の右で、私の座っている位置に一番近いところなのだが、その机ごと9センチほど前に出して段をつけることで、熱気を少しでも避けることにしたのである。
Mac G4 を停止させてみると、Mac G5 の立てる音が如何に小さくなっているかよくわかった。safari の閲覧やメールの閲覧、ブログのエントリーを書いているなどのときには、音がしていることに気がつかないほどである。聞く気になってみると、スーという低い小さい音が聞こえて、音を出していることがわかる。
この新環境になってからもう数時間経つが、旧環境のファイルなどが必要になることは起こっていない。これからは Panther の世界一色になるので、はやく Panther に慣れるようにしたい、来年春には Tiger が現れるのだから、そう思い始めたところである。
[PR]
by kojimatak | 2004-09-12 21:57 | 考えたこと
<< 「スカイプ」をインストールしてみた Mac G5 で独立の気運高まる >>