吉祥寺を散歩しながら感じ考えた言の葉の綴り
by kojimatak
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Mail.appetizer を使ってみて
Mail.appetizer というメール着信通知ツールを9月になって使い始めたが、今では欠かせないツールになってきている。MacPeople で見たのだと思うがなかなかいいソフトである。8月までは Musashi を使っていたので、Mac Mail を使い始めた最初の頃は慣れないで苦労したものである。
何が慣れないかと言って、Musashi のように着信メールが一覧表になって見えないからである。つまり分類したフォルダーに入ってしまって受信画面には分類されていないメールだけしかないのである。着信したメールを見るのにはいちいちフォルダーを開かなければならない。つまりメール文化の違いで外国の文化に接して戸惑っているような気分なのである。
こんなときMail.appetizer というメール着信通知ツールを知ったので、これ幸いとインストールしたのである。私は「新着メールのチェック・5分ごと」にしているので、着信するたびに半透明のメール画面が表示され、マウスポインターをそれに合わせると透明度がなくなり文字が読めるようになる。複数のメールが着信したときには、そのメール画面を次々にクリックして読み進めることができるのである。何をしていてもメールが着信するとメール画面が表示され、すべてのメールをクリックしてチェック済みにしないかぎり消えないのである。
すこし不満があるとすれば、この画面をディスプレイの右半分に広げているので、メールが来たときにはその画面の下に触れられなくなってしまうことである。つまりマウスでポイントすることができないのである。しかし、もし文字を入力しているのであればそのまま続けることはできる。だから一度にたくさんのメールが着信したとき、メールを読むのを後回しにして書き続けることはできるのである。
もう一つの不満はクリックしてメール画面を消してしまってから、もう一度見たいと思ってもその時には手遅れで、フォルダーを探して開かなければならんくなってしまうのである。
この記事を書いていても次々にメールが着信していて、メールを読みながら記事を書いているのである。
[PR]
by kojimatak | 2004-11-05 21:16 | 思ったこと
<< MailUnreadStatu... Firefox1.0RC1 を... >>