吉祥寺を散歩しながら感じ考えた言の葉の綴り
by kojimatak
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
トラックバックの削除と「ID・URLの拒否設定」と
先2月の初旬、「最新のトラックバック」のらんに見慣れない英文の記事とサイトが出ているのを見つけた。同じものが2〜3通づつ3種類くらいあって、このようなトラックバックは初めての経験であった。
クリックしてサイトに行くのはためらわれたので、カスタマーサポートセンターに「今日発見したのですが、私のブログ Cafe Kichijyoji のトラックバックに、たくさんの同じトラックバックが書き込まれていますが、これが何であるかをしらべいただきたいと思います。」とメールしてみたのである。
だいぶ経ってから「マイブログの、コメントやトラックバックについては、作成者様にて削除することができますので、恐れ入りますが不要なトラックバックなどについてはご自身で削除してください。
なお、投稿記事につきましては、投稿の際、コメントやトラックバックの可否を指定できます、また、ID・URLの拒否設定にてコメントやトラックバックを拒否することができますので、ぜひご活用ください。」と返事のメールがきた。
さっそくこの問題のトラックバックを削除するため「ブログ設定」を開いた。次に「記事管理」から「トラックバック」をクリックしてトラックバックの一覧表示を開く。「ブログタイトル」をクリックして開いたウインドウを見て直ちにコマンド+Cを打ってコピー、すぐにコマンド+Wと打ってウインドウを閉じ、マイブログ情報欄の「記事管理」の2つ下「ID・URLの拒否設定」をクリックして開き、「選択して下さい」欄を「URL」とし、その右欄にいまコピーしてきたURLをペーストし、「リストに追加」をクリックすると、下の一覧表にそのURLが追加される。これでURlによる拒否設定は終了である。
次に、「記事管理」のなかの「トラックバック」一覧表から問題のトラックバックを選択し、「削除」ボタンをクリックし削除を実行すれば、これで処理は全て終了である。
その後数回、同じ形式のトラックバックがやってきているが、同様の手間をかけて「ID・URLの拒否設定」と「削除」をおこなっている。問題のトラックバックのURLを見ると、発進サイトを微妙に変えてきているのが分かるが、これ以上の追求はいまのところする気はない。
[PR]
by kojimatak | 2005-03-04 15:58 | 思ったこと
<< 「マック再発見の旅」を読むー第... 掃苔とは何かを探って、谷根千ね... >>