吉祥寺を散歩しながら感じ考えた言の葉の綴り
by kojimatak
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
「マック再発見の旅」を読むー第9回・固定されたメニューバーの秘密-1
先月の28日に買った MacPeolple 4 の「マック再発見の旅・第9回・固定されたメニューバーの秘密」を読んだ。
「さまざまな作業に応用できるメニューの基本操作」には、マックのデスクトップメニュー操作の基本中の基本がまとめられている。マウスのポインターをメニュータイトルの上で押し続け、プルダウンするメニューアイテムのなかの目的のアイテムの上でマウスのボタンを離すと、その項目が選択される。マックはこの一つの基本動作を覚えると、メニューの選択を含めてさまざまな場所で応用することができる。
「初期から現在まで続くアップルメニューという聖域」には、アップルのこだわりについて書かれている。デスクトップメニューにメニュータイトルの置かれる順序にはガイドラインが示され、ある程度の統一を図ってきているが聖域があるという。それは最も左側に位置する特別なタイトル「アップルマーク」だという。アップルマークからプルダウンするメニューは「アップルメニュー」と呼ばれていて、その右に並ぶメニュータイトルの内容がいかに変わろうとも、アップルメニューの内容は不変に維持されていてユーザーに安心感を当てえ続け、マックOSXにも組み込まれている。
私の記憶に間違いがなければ、マックOSXが開発されたときの最初のモデルにはデスクトップメニューが存在しなかったので、私を初めユーザーが大いに混乱して復活を願ったように記憶している。ユーザーにとってデスクトップメニューは既に使い慣れた机の引き出しのようになっていて、どこの引き出しに何がはいっているか、いちばん大事なものはどの引き出しに入れているか、引き出しの開け方から使い方まで諳んじるようになっていたからである。ここのところが変わってしまうと、デスクの使い方を一から学び直さなければならないからでもある。
私はマックに切り替えてから10年以上ウインドウズは使っていないので、たまに使わざるを得ないとき全く混乱してしまって始末に負えなくなる。もちろんキーボード操作も混乱を拡大させてしまう。
最近やっとマックOSXのウインドウメニューを自由に操作できるようになったのだが、最初はかなり混乱して限定した使い方しか出来なかった。使い勝手の改善はバージョンアップのたびに向上し、自身もオンラインソフトなどをダウンロードしてカスタマイズしながら使っている。
ここにきて マックOSXもまもなくタイガー になり、 Mac OSX Tour をみると操作性も格段に向上しているので、期待が次第に高まってきている。
[PR]
by kojimatak | 2005-03-27 17:28 | 思ったこと
<< Tiger 遂に封印は解かれる トラックバックの削除と「ID・... >>