吉祥寺を散歩しながら感じ考えた言の葉の綴り
by kojimatak
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
米カード情報漏洩事件とカードのご利用代金明細書と「他ネットワーク経由INTERWAY」と-その7
ここに登場してくる人物の名前はディスカッションの経過の中でハンドルネーム、ニックネーム程度のネームと考えられるので、アルファベットの頭文字での表記をやめ、今後の記述からは日本語の文字表記に変え人物像の違いを分かり易くした。
8月12日、ニフティ株式会社お客様相談室木村隆と書名入りのFUJITSUの封書を速達で受け取った。開封して書き出しに目をやると、「ニ相第 17ー21 号2005年8月11日」と文書番号がついている。普通の会社の文書であることを示しているな、そう思って前回のように差出人のことを問い合わせることはしなかった。そこで内容を見てみると、やはりここにもとんでもないことが書かれていたのである。

先ず全文に目を通してみよう。

                    ニ相第 17ー21 号
                    2005 年 8月 11 日
kojima 様
                    ニフティ株式会社
                      お客様相談室
                         木村隆
 弊社サービスセンターの回答書へのご質問について

拝啓 平素は@nifty をご利用いただき、誠にありがとうございます。

 kojima様からご郵送いただきましたご質問状を拝見いたしました。お客様相談室よりご回答させていただきます。

 サービスセンターからの回答書につきまして、当室にても確認いたしましたが、記載内容に問題は見受けられませんでした。kojima様におかれましては、納得がいかないとのお申し出でございますので、回答の趣旨に沿って、再度、努めて明確にご説明を差し上げたく存じます。

 まず、インターウェイの利用につきまして、改めてご説明いたします。
 ・お使いのパソコンから、インターウェイの画面にアクセスすることで料金が発生いたします。
 ・インターウェイは重量課金制の有料サービスであり、アクセスする際には「ログイン(ID・パスワードを入力すること)」が必須となります。
 ・ログインした後は、ログアウトしない(もしくは強制ログアウトが実行されない)限りは利用料金が加算されます。

 kojima様がインターウェイにログインされていた情報は、先にサービスセンターから郵送させていただいたものを御手元にお持ちかと存じます。ログ情報に表記されている時間帯は、パソコンを利用されている時間にインターウエイにアクセスされていた記録に相違ございません。

 実際に、お客様個人が弊社サービスをどういった方法でご利用されているかは、弊社側で存じ上げません。また、インターネット接続にかかるブラウザー等周辺のソフトウェアーの操作に関しましては、お客様の自己責任においてご利用いただく範囲となっております。したがいまして、弊社では、ログインされている=利用されている時間として、お客様の利用状況を把握しております。

 kojima様よりお問い合わせのあった履歴から得たかぎりの情報では、
 ・3ヶ月前に「インターネット自動回送サービス」を設定されていた。
 ・上記画面の URL を、ブラウザーのタブに保存されていた。
とのことでございましたので、当該期間にパソコンを起動されて、ブラウザーを使用するたびに、そのつど保存された URL からインターウェイにアクセスされていたことが直接の原因であると推測されますが、いかがでしょうか。

 続きまして、ご質問にございました「認証の入力を省略」の個所ですが、正確には「認証のための情報を初回入力時に保存し、以降、認証のダイアログの表示と認証情報の手動入力を省略させる機能」という機能になろうかと思います。これらの機能につきましては、当方でも実際に試行してみました。操作は特に煩瑣なものではございませんでした。
 「一度、Safari を初期化」(メニュー[safari] - [safari をリセット...]を選択)
 「@niftyTOP ページから Web メールにログイン」
 「Web メール内の画面を、ブックマークもしくはタブに保存」
 「Safari を終了し、再起動」

 初回時に ID・パスワードを要求され入力した以後は、認証ダイアログの表示はございませんでした。また、再度 Safari を初期化すると、記憶された ID・パスワードが消去されるようで、再び認証ダイアログが表示、入力を要求されるようになりました。

 次に、メーカー様へお問い合わせいただいたとのことの「キーチェーンアクセス」ですが、ユーティリティとしてアプリケーションフォルダ内にあることが確認できました(Finder メニュー[移動] - [アプリケーション] - [ユーティリティ]フォルダ内 - [キーチェーンアクセス])。インターフェイスのリスト内に表示されている[http://enter.nifty.com]の項目が、弊社インターウェイや Web メールサービスへのログイン情報に該当するものとなっているようでございます。

 繰り返しにはなりますが、ブラウザー等のソフトウエアーのご使用に関しましては、お客様ご自身の判断と責任においてお使いいただくしかございません。今一度操作方法等をご確認いただいて、今後とも、弊社サービスをご活用いただけますようお願い申し上げます。      敬具
この文章を見て私がまず気になったのは、インターウェイは重量課金制の有料サービスであるが「@nifty 会員の新会員には利用料金を課金しない」ことに触れていないということである。つまりここでは「@nifty 会員の旧会員には利用料金を課金する」ことを述べているのだが、「@nifty 会員の新会員」には全く同じログ情報に表記されていながら利用料金を課金しないと一方ではいっていることに触れていないのである。
ちなみに、この文書で述べている「ログ情報」は7月1日〜2日の分である。6月29日にアットニフティーサービスセンターのWさんの「新会員になれば課金されることはない」という強い勧めで、私は「他ネットワーク経由INTERWAY」という回線から脱出できる希望を持って新会員にチェンジしていたのである。この「ログ情報」は7月1日〜2日の分であり「@nifty 会員の新会員」になったら出るはずのない情報であるにも関わらず、引き続き全く同じように発生していた接続情報なのである。だから「@nifty 会員の新会員」になって「全く同じログ情報に表記」されているのにも関わらず「利用料金を課金しない」と言張らざるを得ないのである。アットニフティーサービスセンターの山口さんは「どうやって課金をしないで済ませるか」を考え、その結果提案されたのが私を「無制限会員」にして課金を免れようとする方法であった。もちろん私は拒否し、その原因を明らかにして開示するように申し入れていたのであるが、今もって明らかにされないどころかこのこと自体を無視しようとしているのである。
とりあえずここまで。つづく。
引き続いて検討し次のような文書を纏めたので書面の郵送を持って送ることにした。

ニフティ株式会社 お客様相談室 木村 隆 様

前略 弊社サービスセンターの回答書へのご質問についてについて

 2005年8月11日付けでニフティ株式会社お客様相談室木村様より郵送されたこの件について、質問についての解答が全く無く、納得がいきませんので文書を持ってお尋ねいたしますのでご回答ください。

1.前書面での質問「7月29日にアット・ニフティーの中田がエキスプローラでも「インターウェイログイン時に、認証画面が表示されない」ことを確認し、ブラウザとしてサファリもエキスプローラも同じであると更に確認していること、またアップルに問い合わせたところ「入力画面を省略してログインを行う」という機能はアプリケーション(keychainaccess)およびブラウザ・サファリに搭載されていないとのこと」について、確認出来たのか出来なかったのかの回答がありませんので、引き続き回答されるよう努力して下さい。もし質問の意味がおわかりにならないのであれば、まず信用のある自社内専門部署にこのことをお聞き下さい。
2.今回の書類で木村様は新たにログ情報についての見解を示されていますので、前回の質問にさらに次ぎの質問を加えます。
 サービスセンターが郵送してきたログ情報は7月1日と2日のものであり、すでに6月29日で@nifty新会員になっているにも関わらず、またkojimaが認証していないにも関わらず接続されているというログ情報でありますが、なぜこのようなことが生じているのかその原因を説明して下さい。
 さらに、このようなログ情報が生じたため、アットニフティーサポートセンターの山口が接続をないものとする提案をkojimaに行ないました。その提案はkojimaをして無制限会員にすることによってログ情報をそのままにし、その原因を開示しようとせず利用料金のみを相殺しようという案でしたが、なぜそうせざるを得なかったのかその理由を説明して下さい。
 なおさらに、木村様が述べられているように5,6月度も同様のログであるとするならば、Webサイトでのページの作りが同じであることを示しているのであり、このWebサイトでのページの作りが「ユーザーが認証していないにも関わらず接続されているというログ情報であります」の通りであるということになります。このことがおわかりにならなければ、まず信用のある自社内専門部署にお聞きになったうえで上記ログ情報に関する2つの質問に回答して下さい。
3.「初回時に ID・パスワードを要求され入力した以後は、認証ダイアログの表示はございませんでした。また、再度 Safari を初期化すると、記憶された ID・パスワードが消去されるようで、再び認証ダイアログが表示、入力を要求されるようになりました。」においていわれていることは、前書面での質問で「7月29日にアット・ニフティーの中田がエキスプローラでも「インターウェイログイン時に、認証画面が表示されない」ことを確認し、ブラウザとしてサファリもエキスプローラも同じであると更に確認している」としていることについて木村様が再確認しているようではございますが、まだ不十分ですので次の点について更に確認の努力をしたうえで、「「今回の症状は、弊社サーバー側要因で発生していたものではございません。」という申し出は承服いたしかねます。」というkojimaの申し出に回答願います。
 木村様に確認いただく点とは、このSafariについて木村様が確認されたことと同じことがエキスプローラについても同じように確認されるということで、信用のある自社内専門部署にお聞きになったうえで木村様ご自身で確認して下さい。
 なお、「キーチェーンアクセス」についての記述がありますが、「インターフェイスのリスト内に表示されている[http://enter.nifty.com]の項目」が、理解出来ないようですので、この点についても信用のある自社内専門部署にお聞きになったうえで木村様ご自身で理解して下さい。

 繰り返しにはなりますが、ブラウザーの取り扱いに関しましてはSafariばかりではなくInternet Explorerについても今一度操作方法等をご確認いただき、責任を持って取り扱われるようお願い申し上げます。

以上4つの質問について明確な回答をお願いいたします。早々
2005年8月14日封書を作成して投函した。
[PR]
by kojimatak | 2005-08-12 21:41 | 起こっていること
<< 米カード情報漏洩事件とカードの... 米カード情報漏洩事件とカードの... >>