吉祥寺を散歩しながら感じ考えた言の葉の綴り
by kojimatak
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
多面体による空間充填
昨日から今日にかけて E.P の Sat さんからメールをいただいて「多面体による空間充填」という言葉を知った。
私は展開図による平面空間充填を研究している。最近探求をしているのは、プラトン立体の展開図のうちで平面を覆い尽くすものがどれだけあるか、という問題である。この質問に資料を提供して下さったのである。
その中に 「多面体の折り紙」 という言葉があった。ネットで検索してみると、その深い内容を知ることが出きるが、極まりない世界であることも知った。
「多面体の折り紙(正多面体・準正多面体およびその双対)」川村みゆき・日本評論社 ¥2,987。川村みゆきさんは大学院で素粒子物理学を専攻されている学生さんだそうです。
多面体の折り紙・作品1
多面体の折り紙・作品2
[PR]
by kojimatak | 2004-05-31 10:41 | 思ったこと
<< 「チーズとうじ虫」と因果律 吉祥寺旧本宿のケヤキ >>