吉祥寺を散歩しながら感じ考えた言の葉の綴り
by kojimatak
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
改正食糧法-米の販売量によって翌年の生産量が決まる
今朝の朝日新聞の見出しに「売れるコメ 産地が本腰」とあった。4月から施行された改正食糧法によって、都道府県ごとに、販売量によって翌年の生産量が決まることになったと報じている。
これは解説によると、今までの減反政策からの転換で、作付け面積を減らしても技術向上で面積当たりの収穫量が増え、コメ余りが常態化しているためだそうである。
改正食糧法は、計画流通制度を廃止して市場原理の導入をはかり、さらに誰でもコメを販売することが出きるようにする、ということに主眼が置かれている。
95年に食糧管理法が廃止されて、コメ流通を大幅に自由化した新食糧法が施行されたが、今回の改正では生産者や農業団体の自主調整が行われるとはいえ、備蓄用の政府米を除く大部分のコメを流通業者の主体性にゆだね、将来の完全な自由化を目指しているといえる。
「国が主食の管理をやめるのは責任放棄」という声が根強いのは、10年までに農地を大規模な農家40万戸に集積する目標が実現すると、9割の農家が切り捨てられることになるからだといわれている。
そう言えば去年はコメ不作で値段が上がり、今年に入ってだんだん安くなって来ていることを思い出した。久しぶりにコメの記事を見た。
[PR]
by kojimatak | 2004-06-12 11:45 | 思ったこと
<< サーカーの予言 Sarkar&... 正12面体の展開図は全部で43... >>