吉祥寺を散歩しながら感じ考えた言の葉の綴り
by kojimatak
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
「忘れられた日本人」宮本常一著
昨日届いた Link Club Newsletter 7 を見ていたら、岩波文庫のこのタイトルの本のことが「未来が見えるかもしれない一冊」に取り上げられていた。
紹介には、これほど面白い本は滅多にないとある。そして、「たった数十年前の日本は、まるでエキゾティックな異国のようだ。時間を旅する本書は、下手な旅行記を読むよりもはるかに楽しい。しかしまた、ほんのひとすじかもしれないが、私たちの魂の DNA に記された感覚も刺激して、だからなおさら、物語を「濃く」「深く」感じてしまうのだろう。」とある。
私はこの書評を読んで、読んで見たい一冊に入れ、近々本屋に行ったら買うつもりになっている。
今号から、 Link Club Newsletter は手に取ったときから面白くなっていると感じた。今までしばらく私にはちょっと面白くなかったのだが、編集陣が変わったのかもしれないなと密かに思っている。
[PR]
by kojimatak | 2004-06-29 23:06 | 思ったこと
<< すてきにガーデニング・オランダ... 世界遺産 紀伊山地を登録へ >>