吉祥寺を散歩しながら感じ考えた言の葉の綴り
by kojimatak
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
真夏に長袖!なのに裸より涼しい「空調服」
今日の朝日新聞夕刊の13面の見出しに「作業服に風が吹く」というのがある。記事を読むと「仕組みはシンプル。空気を通しにくい合繊服の背中に、充電池で動く小型扇風機2基を付け、内側に勢いよく空気を送り込む。帆のように膨らんだ服と体の間を通る風が汗を気化させる。」というものである。
開発した埼玉県戸田市の「ピーシーツーピー」(市谷弘司社長)の「ピーシーツーピー」をウェブ検索してみると、 ITmedia NEWS というサイトの中の「ニュース 2004/07/17 00:00 更新」 の中に次のような記事があった。
「この作業着、実際着てみて驚いた。涼しい、いや、寒いくらいだ。「汗をかいてると、とりわけ涼しいんです」と、作業着に身を包んだ男性——開発したピーシーツーピーの市ヶ谷弘司社長——は涼しい顔だ。」とある。
開発の動機については次のような記事がある。
「このままでは、地球が危ない」——そんな危機感が、彼を空調服開発に駆り立てた。
6年前、市ヶ谷社長は、東南アジアにある取引先のTV工場を視察した。暑い中、クーラーなしで作業する作業員の姿が目に留まった。
「今はクーラーを使っていない発展途上の国の人たちが将来、日本人のようにクーラーを常用するようになったら、エネルギー危機が起きる」——そう思った市ヶ谷社長は省エネルギーな冷却装置を作ろうと決心。6年にわたる空調服開発が始まる。 」という記事である。
現在、販売しているサイトを探したら 「楽天市場」 がでてきた。このなかのワイシャツ型は散歩のときに丁度いいのではないか、値段も手ごろだし、この頃の真夏日つづきに、私も1着買ってみたいなと思う。
[PR]
by kojimatak | 2004-08-03 22:10 | 思ったこと
<< Spotlight あらゆるも... パレスチナ企業が分離壁の材料供給? >>