吉祥寺を散歩しながら感じ考えた言の葉の綴り
by kojimatak
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ナノ粒子を用いた光スイッチで超高速データ転送
今日、WIRED NEWS (2004/08/18)で 「ナノ粒子を用いた光スイッチで超高速データ転送 」 というのを見た。
「現在の光ファイバー・ネットワークは、10G〜40Gbpsという速度で データ伝送を行なうが、ネットワーク間に設置されるスイッチやルーターのために遅延が生じている。この問題を解決すべく、ナノ粒子を接合した特殊な素材を用いて光スイッチを開発する研究が進められている。実現すれば、現在の100倍もの速度でデータの転送が可能になるという。」
コンピュータの回路は、インターネットをも回路としてデータの処理をするようになってきているが、回路である以上その一部に速度が遅いノードがあると、処理速度はその遅い速度での処理になってしまう。私はそう考えていたので、この光スイッチが実現すれば素晴らしいと思う。回路全体が光回路になって処理速度が上がれば、どのような環境に生まれ変わるのだろうか、とても楽しみである。
[PR]
by kojimatak | 2004-08-18 22:42 | 考えたこと
<< 現場内でコンクリ再生を行う「環... プラウトとプラウド >>