吉祥寺を散歩しながら感じ考えた言の葉の綴り
by kojimatak
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2005年 08月 28日 ( 1 )
米カード情報漏洩事件と「他ネットワーク経由INTERWAY」と-その10
ここに登場してくる人物の名前はディスカッションの経過の中でハンドルネーム、ニックネーム程度のネームと考えられるので、アルファベットの頭文字での表記をやめ、今後の記述からは日本語の文字表記に変え人物像の違いを分かり易くした。

なお、その1からその8までを通してみるには Promenade Musashino を見ていただきたい。

8月27日、@nifty サービスセンター・スーパーバイザーの山口さんから電話がかかってきた。話の内容は8月26日@nifty に電話で聞いていた「使用権」のことについてであった。kojima様が2,000円の無制限コースから250円のお手軽1コースに変更されたので超過料金の発生を防ぐために1750円の使用権を付与したのだという。”超過料金の発生を防ぐとはなんだ?”と私は聞いた。”kojima様が250円のお手軽1コースに変更されたから超過料金が発生してしまったのです!超過料金を発生させないようにしてくれとkojima様はおっしゃいましたね!”と山口さんはいった。”何を言っているのですか@nifty ホームページの接続情報の詳細画面に超過料金が発生しているから発生するのを止めてくれといいましたが、私は更にこの超過料金の発生している原因が解るまで5、6、7月分を全部保留にしてほしいといいましたよ”、”あなたは超過料金の発生をそのままにして、私が無制限コースにしなかったから超過料金が発生したといっているがユーザーを放り出して自分のことしか考えていないではないか?”といった。料金の問題の責任者だと自分でいう山口さんは、とにかく職務には忠実なのかも知れないが、自分が何をしているのかを見失っているとしかいいようがない。
”7月分の請求額が792−792とあって相殺されて0円になっているが、私が払うべき735円についてはどうなっているのか?”と聞いてみた。”超過料金だけを0円には出来なかった、お客様にしたお約束を守れないのでひと月分が0円になったのは止むを得ない”という。さらに、”2,000円の無制限コースのままだと735円請求しました”といった。更に”8月分はどうする”と聞いてみると、”また発生するかも知れないのでいくら請求するかわからない”といい、”クッキーを解除したら発生しないがクッキーを使ったら発生するかも知れない”といった。すぐ”今のは取り消します”と慌てていったが、クッキーを使うと危険であることを知っていて、先ほどから自分は”クッキーを切っている”としきりにいっていることと今の発言は符合したのである。そのうえ、そのことを言ってはまずいということもよく知っている、ということもわかった。
”なぜ7月分にだけこだわって超過料金を返そうとするのか?”と私は聞いてみた。”それは会員種別が違うからです”といい、”新会員ではWebメールになるんです”とホームページからどのようにしてWebメールに入るか説明をはじめた。”@nifty のホームページの右上にあるWebメールをクリックしてください、すると認証画面がでますからIDとパスワードを入れてみてください、そうすればWebメールの画面が出てきます”という。私はそこで”URLを入れてみてください、https://enter.nifty.com/iw/nifty/mail/index.html です、そうして開いた画面は有料画面でしょう”といってみた。山口さんは、”この画面がなぜ有料画面なのですか?”と聞いてきた。”画面が開いたのですね”と聞くと”開きましたが?”というので、”その画面はタイマーが回っていて料金がかかっているのですよ、だから有料画面と私は言っているのです”といった。”あなたは今インターネットエキスプローラで入りましたね!”と聞くと”そうですエキスプローラです”という。”kojima様はsafariで入られたのですよね”と訳のわからないことをいうので、”あなたがエキスプローラで今、有料画面に入っているのですよ違いますか”と重ねて聞いた。”はい”と心もとない返事をするところを見るとかなり動揺している、でも本当にsafariだけがこの画面に入ると思っていたのだろうか。
”safari であろうとエキスプローラであろうとその画面にはそうして入ってしまうんですよ、わかりましたか”といってみたが返事がない、”わかりましたか”と重ねていうと初めて”わかりました”といったが腑に落ちない様子がありありである。演技をしているのだろうか、それとも本当に知らなかったのだろうか、だが知らないはずはない、彼の部下の中田さんは既に私と一緒に同じことを行って記録に残していて、彼はそれを読んでいないはずはないと私は思っているからである。どちらにせよとんでもない迷惑な人たちであることは間違いがない。
そこで”このようなページの作りは前の会員の時も現在も同じでしょう”と聞いてみると”そうです”と素直にいった。”ではなぜ5、6月と7月を区別するのですか?”と聞いてみると”会員種別が違うからです、前の会員では有料なのです”という。”それではワンクリック詐欺と同じではありませんか?”というと、”ワンクリック詐欺ではありません”というので、”どう違うんですか”と聞いてみる。”ワンクリック詐欺はメールの文字をクリックすると契約が生じるもので、kojima様の場合にはご自分でIDとパスワードを入れていますので同じではありません”といった。
つづく。
[PR]
by kojimatak | 2005-08-28 00:06 | 起こっていること