吉祥寺を散歩しながら感じ考えた言の葉の綴り
by kojimatak
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ:思ったこと( 190 )
サーカーの予言 Sarkar's Prophecy
先日Amazonから取り寄せたこの本、「サーカーの予言 Sarkar's Prophecy(資本主義は花火のように爆発する)」ラビ・バトラ-著・ペマ・ギャルボ+藤原直哉-監訳・あ・うん、を読み終わった。
140ページ程度の本で、大きな活字を使って叙事詩のように記述されているから、非常に読み易い。扉には、予言とは「神のシナリオ」(シナリオは、クライマックスの30分前ですら結末は見えず、クライマックスが訪れるまで、何が起こるか誰も気がつかないだろう。The prophecy are "The God's scenario")と書かれていて、天・命、地・命、人・命の3章からなっている。
天・命 Divine Providence において、”資本主義は花火のように爆発する”と、ラビバトラの師サーカーの予言を記している。師サーカーは1990年10月に亡くなっている。
地・命 Earth Providence において、「2005年。「天・地・人」大崩落。」と、師サーカーの声が聞こえると記している。
人・命 Mankind Providence において、「山も川も海も、輝きを取り戻し美しき青き星に帰る。人は楽しみ、日々生き生きと働き世界に飢える人なく富を独占する人もない。親を敬い、子を慈しみ人を愛し、社会を愛しそして、この星を愛す。心穏やかに人生を全うし若き次の世代へ繋いで行く。この輝ける姿こそ、2005年以降日本から生まれ広がっていくであろう理想国家「プラウト」である。」と、結びの言葉が記されている。
ラビ・バトラはヒンズー教徒なので、この記述の中に現れてくる神とは、ヒンズー教の神クリシュナである。
ラビ・バトラはかって、ソビエト共産主義の崩壊を予言し的中させたことにより、崩壊の後になってから世界的に有名になっている。当時の共産主義の崩壊を予想したものは誰一人居らず、予言があったことすら知っている人は極めて稀であったのである。
この本の出版は日本において2002年6月20日であるが、予言されている2005年は来年である。”資本主義は花火のように爆発する”のを見ることができるのである。
[PR]
by kojimatak | 2004-06-13 17:59 | 思ったこと
改正食糧法-米の販売量によって翌年の生産量が決まる
今朝の朝日新聞の見出しに「売れるコメ 産地が本腰」とあった。4月から施行された改正食糧法によって、都道府県ごとに、販売量によって翌年の生産量が決まることになったと報じている。
これは解説によると、今までの減反政策からの転換で、作付け面積を減らしても技術向上で面積当たりの収穫量が増え、コメ余りが常態化しているためだそうである。
改正食糧法は、計画流通制度を廃止して市場原理の導入をはかり、さらに誰でもコメを販売することが出きるようにする、ということに主眼が置かれている。
95年に食糧管理法が廃止されて、コメ流通を大幅に自由化した新食糧法が施行されたが、今回の改正では生産者や農業団体の自主調整が行われるとはいえ、備蓄用の政府米を除く大部分のコメを流通業者の主体性にゆだね、将来の完全な自由化を目指しているといえる。
「国が主食の管理をやめるのは責任放棄」という声が根強いのは、10年までに農地を大規模な農家40万戸に集積する目標が実現すると、9割の農家が切り捨てられることになるからだといわれている。
そう言えば去年はコメ不作で値段が上がり、今年に入ってだんだん安くなって来ていることを思い出した。久しぶりにコメの記事を見た。
[PR]
by kojimatak | 2004-06-12 11:45 | 思ったこと
デュアル 2.5GHz PowerPC G5 が出た!
待ちに待った Dual 2.5GHz G5が出ました!たった今  Apple Store のサイトを見て見つけました。だが、まだ Panther 同梱だ。この時期だから止むを得ない。そこで考えてしまうのだが、Tiger 同梱になるまで待っていたほうが良いだろうか。
アップルホットニュースを見ると、2基の2.5 GHzプロセッサと、プロセッサごとに1.25 GHzで動作する業界最速のフロントサイド・バスを備え、さらに先進の水冷システムも装備するトップモデル、とある。
とにかく今年は、我が G3 ベージュの凾体を G5 の凾体に取り替えたいと思っている。
[PR]
by kojimatak | 2004-06-09 22:59 | 思ったこと
吉祥-美味健楽-一店逸品街=吉祥寺サンロード商店街 つづき
今日はラーメン屋の武蔵家を右に曲がり、吉祥寺シアター(仮称)の手前を左にまた曲がって、ベルロードを通り抜けると吉祥寺大通りに出た。すぐ左の信号を渡って、またすぐ右の路地に入ると正面にさんロードアーケードにある協和堂時計店が見える。右手に見える「本」という文字の看板は右手前角にブックス ルーエがあることを示している。
ブックスルーエはその昔喫茶店で、今と同じルーエという名の店であった。協和堂時計店は昔からあって、流行の時計を見に寄ったものである。本町新道の方に行くと、右側にインテリアプラザの春木屋がある。昔から変わらず、カーテンやカーペットなどのインテリアを置いている店である。その隣のユニフォーム・学生服ムサシノも、昔から制服の専門店でたくさんの学生がお世話になったと思う。
今日はこの辺りまで。
[PR]
by kojimatak | 2004-06-08 17:08 | 思ったこと
プロキシーサイト経由で自宅サーバを見る
自宅サーバである Macintosh G4 に WAN からアクセスしてみることにした。そこで、私の良く使うプロキシ専門サーチエンジンに行って、いくつもある Proxy Lists 中から Anonymous を選んで、5〜10番目くらいのアドレスを使う。
このアドレスをコピーし、システム環境設定を開いてネットワーク、プロキシとたどり、「Web プロキシ(HTTP)」の頭にチェックを入れてから右欄にペーストする。つぎにペーストした最後に付いているポート番号をカットして、更に右欄の「ポート:」にペーストし、更にアドレスの後尾に付いている「:」を削除して、「今すぐ適用」をクリックすれば終わりである。
すでにプロキシは使用可能になっているので、ブラウザーの URL 欄に登録済みのドメインを入れた。すると直ちに自宅サーバが現れてきた。今日のプロキシサーバはいつもより調子が良い、このまま他のサイトを選んでも即座に現れ、良いサーバに当たったことが確認された。
プロキシサーバはすぐに混んできて遅くなり、瞬く間に使い物にならなくなるのが常である。私の良く使うプロキシ専門サーチエンジンでも1時間置きに更新しているので、順位は全く一変してしまう。順位が高いところにユーザーが集中して、瞬く間にその順位を落とすからだ。
もう書き始めてからだいぶ時間が経ったので、ウェブのアクセス速度を調べてみたが今日はまだ速度が落ちていないようである。
[PR]
by kojimatak | 2004-06-07 11:32 | 思ったこと
イラク暫定政府が事実上発足
今朝の朝日新聞一面の隅にこの記事があって、大統領にガジ・ヤワル氏、首相にアラウイ氏が決まったと報じている。
三面の記事によるとガジ・ヤワル氏について、今後の米軍を中心とする「多国籍軍」と暫定政府との関係に関わる大きな問題を抱えてしまい、米政府は誤算だったとしているという。続いて、米国が米国人以外の指揮を受けることはあり得ないという米政府高官の話しも載せている。
この話しから思うのは、日本の政府は明治の知恵を成功経験として堅持し、錦の御旗の下に参加することこそ日本が生き延びる道だと考えている、ということである。
その後テレビは、ガジ・ヤワル氏が完全なイラク人への主権移譲を要求し始めていると伝えている。
イラク人には日本人のもつ成功経験は無縁であるので、ガジ・ヤワル氏がどのように近代国家イラクを作り上げていくのか刮目して見守りたい。
[PR]
by kojimatak | 2004-06-02 12:22 | 思ったこと
「チーズとうじ虫」と因果律
昨日着いた Link Club Niwsletter 6 を読んだ。その中で面白かったうちの一つに、「未来が見えるかもしれない一冊」に取り上げられたいた「チーズとうじ虫」カルロ・ギンズブルグ・みすず書房¥3465がある。
この本の紹介文の中にある「因果律」という言葉が面白い。「人間とは、「因果律」を求める存在だ。目の前に何かの現象があると、なぜそれが起こるのか知りたくなってしまう。それは探求心とも言えるし、とらえどころのない世界を安定させたいという欲求もしれない。」と冒頭に書かれているのが今までになく新鮮に感じられた。
紹介文の最後は「社会から与えられた因果律を正しいと信じて生きていくのか、リスクを負いながらでも自らの存在を賭けた答えを生きていくのか。未来は、私たち人間に、どちらの方法を選べと言っているだろう。」で終わっている。
この本を読んでみたい誘惑にとらえられたが、価格が高いこととページ数が多そうなので、この紹介文を読んだだけで我慢することにした。
[PR]
by kojimatak | 2004-06-01 10:42 | 思ったこと
多面体による空間充填
昨日から今日にかけて E.P の Sat さんからメールをいただいて「多面体による空間充填」という言葉を知った。
私は展開図による平面空間充填を研究している。最近探求をしているのは、プラトン立体の展開図のうちで平面を覆い尽くすものがどれだけあるか、という問題である。この質問に資料を提供して下さったのである。
その中に 「多面体の折り紙」 という言葉があった。ネットで検索してみると、その深い内容を知ることが出きるが、極まりない世界であることも知った。
「多面体の折り紙(正多面体・準正多面体およびその双対)」川村みゆき・日本評論社 ¥2,987。川村みゆきさんは大学院で素粒子物理学を専攻されている学生さんだそうです。
多面体の折り紙・作品1
多面体の折り紙・作品2
[PR]
by kojimatak | 2004-05-31 10:41 | 思ったこと
米国占領企業
朝日新聞朝刊2004/5/30を見ていたら、サウジアラビアの石油に関連して「米国占領企業」、「イスラム教徒の富を収奪し盗んでいる」、という言葉があった。
「米国占領企業」という言葉は初めて目にしたが、「イスラム教徒の富を収奪し盗んでいる」という言葉と合わせて現在の中東石油の状況を言い当てて妙である、と私は思った。
[PR]
by kojimatak | 2004-05-30 14:43 | 思ったこと
初めて exblog を作った
今日は朝5時半に起きた。近ごろにない早起きである。寝床の中で身体が熱くなって汗をかいている。
テレビで初めてアラビア語の学習をしている画面を見た。NHK のテキストを使っていた。
外は日が射して風もなく穏やかなので、散歩に出かけようと思っている。
散歩に出て歩きながら、また喫茶店に座って、感じたこと、考えたこと、思ったこと、などを中心にブログしていこうと思う。
[PR]
by kojimatak | 2004-05-30 09:34 | 思ったこと