吉祥寺を散歩しながら感じ考えた言の葉の綴り
by kojimatak
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ:思ったこと( 190 )
実在しないメールアドレスのメールが届いた
昨日、未読メールを整理していた時、名前が少し違うが私と同じドメインのメールが届いているのを見つけた。本文と Subject: は何も書かれていないで、From: と Date: だけがある。その From: には、私のメールアドレスの名前の上にアルファベット3文字がついているのである。
私のドメインは私が管理しているので、このようなメールアドレスを発行していないことはわかる。それでも念のためメール管理室に入って調べてみたが、この名前のアドレスは発行していないことが確認された。
そこで早速、私のドメインのホスティング・サービスにメールで問い会わせてみると、次のような返事がきた。
「お問合せの件についてお返事させていただきます。
このメールですが、恐らく壊れているメールだと思います。
Dorm1-189-039.csustan.edu  というホストがヘッダーに
ありますが、このcsustan.eduという海外からのメールのようです。
ウィルスメールではないようですので、特に気にすることはないかと思います。
送信サーバによっては実在しないメールアドレスをFromにしても
送信出来るところはあります。」
そういえば To: がなく X-Rcpt-To: に私のメールアドレスがある。壊れたメールにしても私のメールアドレスを承知してメールしている。実在しないメールアドレスを From にしても送信できるとは初めてここで知ったのである。
[PR]
by kojimatak | 2004-11-23 22:56 | 思ったこと
フィードフォワードとはなにか
購入しているメールマガジンで「フィードフォワード」というコラムを見て 飛んで みた。
記事には「制御の仕組みはフィードバックだけではない。フィードバックは結果を受けて調節する、振り返り型の制御だが、目標を先に決めて外部要因を評価しつつ、達成に向けて修正を加えるフィードフォワード型の制御もある。人間の身体では、たとえば頭を振っても視線を固定しているときの 小脳のはたらき がこのタイプとされる。」とある。
フィードバックがあるのだからフィードフォワードというのもあるとは思っていたが、フィードフォワードに真正面から取り組んだ記事を見たのはこれが初めてのような気がする。
この記事の締めくくりにもあるが、この両方の制御を組み合わせてバランスをとるという考えこそ、システムを制御して安定させるということの要諦であると私も思う。
おまけ。
フィードフォワード制御:山勘のこと
フィードバック制御とフィードフォワード制御 :両方の制御の適用例
片麻痺上肢のフィードフォワード運動訓練 :フィードフォワード運動制御
 フィードバック情報をうまく使えないような比較的速い運動の場合、フィードフォワード制御が必要となる。フィードフォワード制御とは、あらかじめ、目的とする運動に必要な運動指令を脳内で計算しておき、フィードバック情報に頼ることなく運動を遂行する制御である。この運動指令を計算するためには、中枢神経系内に筋骨格系のダイナミクス情報が前もって存在しなければならない。これを『内部モデル』と呼ぶ。内部モデルに相当する情報は種々の研究結果から主に小脳に保持されていると考えられており、内部モデルの情報を利用することにより、軌道に見合った運動指令の計算(逆モデル)や逆に運動指令からの軌道の推定(順モデル)ができる。
[PR]
by kojimatak | 2004-11-22 21:38 | 思ったこと
アフォーダンスとはなにか
購読しているメールマガジンで「コミュニケーションにおけるアフォーダンス」という広告記事を見た。
記事は「穴があったら覗いてしまう。あるある、と共感する人も多いだろう。隠されたものを明らかにしたいからと説明してもいいけれど、穴そのものに「覗かせる」特性が備わっていると考えてはどうか。
このように環境が動物に提供するものといった意味を持つのが、 アフォーダンス という考え方。コーヒーカップの取っ手は持つことをアフォーダンスしている、といったように表現する。」とあって面白い。
初めて知った言葉なので、アフォーダンスをキーワードにウエブ検索をしてみた。色々と面白いページがヒットして興味は尽きない。
この言葉を作った ジェイムズ・J・ギブソン[James.J.Gibson] は、『生態学的視覚論』(The Ecological Approach to Visual Perception)の中でアフォーダンスの概念をを完成させているという。
アップルのデザインに関係する「 元アップルの副社長で認知科学者の D・A・ノーマン 」の「それが何を「アフォード」しているのかを明確に デザイン すべきである」と提案しているということも初めて知ることができた。
*** おまけ ***
人が環境からアフォードされるもの、「価値」ある情報 」:「アフォーダンスという難解な学問には、決して明確な結論はない。しかし、そこにはデザインにとってひじょうに大切な要素が内包されている」という。
プログラマのためのユーザインタフェースデザイン 」:「プログラムモデルがユーザモデルと合っているユーザインタフェースを開発するのは簡単なことではない。」
佐々木正人・課外講座 」:「東京大学教授で、『アフォーダンス-新しい認知の理論(岩波書店)』の著者でもある佐々木正人先生の課外講座が視覚伝達デザイン学科主催で行われました。」
クリエータのためのアフォーダンス講座 」:「アフォーダンス.............。この言葉を聞いたことがある人はけっこういるでしょう。しかし、それが一体何なのか分かっている人はそれほど多くはないのではないでしょうか。
私は身体に関わる問題に興味を持ち続けていました。このアフォーダンスの概念は、自己の身体と外界の関係を新しく定義し直そうという理論なのです。この問題は様々な領域に影響を及ぼしています。認知科学は言うに及ばず、建築やデザインの世界でも話題になっています。そしてまた、私達アーティスト達にとってもも避けて通れない道となるかも知れません。つまり、現在クリエイティブなことをしている人、しようとしている人にとっては全くの他人事ではないのです。」
〈アフォーダンス-新しい認知の理論〉の要約
[PR]
by kojimatak | 2004-11-21 16:22 | 思ったこと
Virex7.2 をインストールしてみて
先日、Virex 7.2 をダウンロードしてインストールは無事に終わり、再起動ボタンを押して再起動中に最後の段階で虹の矢車が回りっぱなしになったままになった。つまり起動不能にななってしまったのである。
電源ボタンを押し続けて強制停止をかけ、再度起動させたが事態は全く同じであった。そこでアップルサービスセンターの3番に電話してみると、システムの再インストールしかないとアーカイブインストールを勧められた。
初めてのアーカイブインストールをしてみると元の環境には戻ったが、アップルサービスセンターの3番ではなお、再度新規インストールをするようにという。
今日、購読しているメーリングリストで次のような投稿、「リリースされた直後に配信中止になった「Virex」が再リリースされましたね。それだけですが、いちおうご報告まで。」を見て、疑問が湧いたのである。
「Virex」に問題があったのかもしれない、その事情は公開されているのだろうか。昔もこの起動不能のようなことがあって私は長いこと「Virex」を放擲していたのだが、今度は、大丈夫と思って使い始めたのである。
.Mac にこの旨問い合わせのメールをしているが、返事があるかどうかわからない。
わかっていることは、ハードの場合でもソフトの場合でもリリースされたらすぐに飛びつくというのは、全く賢明ではないということである。このことは身をもってわかっているのに、10のうち5以上に引っかかってしまうのである。本当に反省しなければならない、今そう思っているのである。
[PR]
by kojimatak | 2004-11-20 22:08 | 思ったこと
Safari Menu 2.0 (E)を使ってみて
購読しているメールマガジンで面白いフリーウエアーを見つけた。それは「Safariのブックマークをメニューバーに登録してアクセスできるソフト。登録したRSS/ATOMフィードをメニュー内に表示する機能も搭載。(要・OS X 10.3以上)」というものである。
インストールは簡単で、アプリケーションフォルダの中に作ってある外来アプリケーションフォルダの中に入れた。アイコンをダブルクリックするとメニュニューバーに小さな同じアイコンが現れる。
メニューバーのアイコンをクリックすると プルダウンメニューが現れ、その一番上には「BookmarksBar」があり、safari に登録されているすべてのブックマークが一覧表示される。次の「RendezVous」には私の場合3つのユーザーの名前があるが、どの名前をクリックしても同じ「私のウエブサイトへようこそ!」というページが現れる。次に safari のブックマークコレクションがいくつか並んでいる。次に「ファイル」というフォルダがあって中にはデフォルトでデスクトップに置かれているフォルダーとファイルがある。次に「URL を開く...」とあってクリックすると小さなウインドウが開いて URl を書き込むことだけができる。次に「Google 検索」とあってクリックすると小さなウインドウが開き、検索する文字を書き込む窓とカテゴリーを選択するプルダウンメニューがある。カテゴリーには Web、イメージ、グループ、ディレクトリ、ニュースとある。次に並んでいるのは「環境設定」。次に「終了」である。
つまり、Safari をあらかじめ開いたり手前に移動したりしなくても、ブックマークされているあらゆるサイトに行くことができるし、直接 URL を入力したり Google 検索エンジンで検索することも可能だし、また Rendezvous テクノロジーを利用しローカルネットワーク上でブックマークを共有することも、さらに、多数の RSS/Atom サイトの動静を追うこともできるのである。
今、よく使っているのが「Google 検索」である。思いついたとき何時でも素早く検索できて非常に使い勝手がいい。
これはかなり使えるな、というのが私の率直な感想である。
[PR]
by kojimatak | 2004-11-19 21:33 | 思ったこと
オープンメール環境(OME)を使ってみることにする-2
設定を終えメールを受信してみた。受信したメールを OME_BrowserXCoS と OME_GMail で見てみた。
OME_BrowserXCoS の方は簡素なブラウザーのみという感じである。OME_GMail の方は一応メーラーの体裁をとっているように見える。
しかし、どちらもURLがクリッカブルになっていない。そんなはずはないと思うがどこで設定を変えられるのかわからないし、そもそもその機能は無いのかもしれない。
ここまでを見ると、メーラーとしてのまとまりは Mac Mail の方がまとまっているように思えた。これまでのところでは、部品の集まりのようなオープンメール環境(OME)をカスタマイズするのは並大抵ではないな、そう思わせる雰囲気である。
しばらくは Mac Mail を使い続けた方がいい、というのが今のところの結論である。
[PR]
by kojimatak | 2004-11-18 21:56 | 思ったこと
オープンメール環境(OME)を使ってみることにする
だいぶ前から気になっていた オープンメール環境(OME) をいよいよ使ってみることにした。購読しているメールマガジンで、「オープンメール環境(OME)2004年10月30日版 (J)」を見たからである。
そこには「OSの機能を効果的に使ってメールをやりとりするという、ちょっと変わったメールソフト。1メールを1テキストファイルに保存し、Finderで管理できます。」とある。
先ほどダウンロードしてインストールしたところであるが、設定には少し時間がかかりそうなので、明日以降に楽しみながらしようと思う。
[PR]
by kojimatak | 2004-11-17 21:04 | 思ったこと
Firefox 1.0 日本語版を使ってみて-4
FireFox を使って、いま書き込みをしている。いま開いている投稿画面は雑で DOS 画面のようであるが書き込みの反応はとても早い。もちろん文字が Osaka だからヒラギノに慣れている私から見ると字面が貧しくてやりきれない。
つづく。
[PR]
by kojimatak | 2004-11-16 23:20 | 思ったこと
Firefox 1.0 日本語版を使ってみて-3
新しいウエブブラウザを試みるとき難しいのがブックマークの移行である。このは場合常時使っている safari からの移動になるが、なかなか旨くいかない。普通に考えると safari のブックマークを html 書類として書き出し、Firefox からこのブックマーク html 書類を読み込めばいいはずである。
safari のブックマークを書き出そうとしたのだが、どうやって書き出すのかヘルプを見てもわからない。Firefox にはインポートとエキスポートがあるので読み込む書類さえ作れればいいのである。
こんなとき購読していたメールマガジンから「Safari Bookmark Exporter」を知ることになった。このソフトを起動して指示に従って作業をすれば、たちまち safari の bookmarks.html を書き出すことができる。
書き出された bookmarks.html を Firefox からインポートを選んで選択するだけで、文字化けもなく見事に Firefox のブックマークに付け加わるのである。しかしブックマークツールバーにはなっていない。ブックマークツールバーにするためにはどうすればいいか、そこはまだ私にはわからない。
続く。
[PR]
by kojimatak | 2004-11-15 21:15 | 思ったこと
Firefox 1.0 日本語版を使ってみて-2
ページを開いてまず気が付くのは、画面がほとんど全くといっていいほど safari に似ていることである。しかし何となくちがうと感じるのは表の輪郭がsafariで見なれたものとちがって枠がシックリ落ち着いた感じをもっていないことである。もう一つ大きな違いはボックスの表示である。角がある矩形で表情がなく周囲とバランスを欠いて見苦しいのである。
Google で検索をおこなって見ると出てきた画面はsafari と同じであるがボックスやボタンなどのデザインはよくない。だが、safari と違う点は safari には「一番最近表示した検索結果のページに戻るには、Google 検索ボックスの SnapBack ボタンをクリックします。」というボタンが用意されているが、FireFox にはそれがないということである。私はこのボタンに頼っていることがほとんどなので、ないと非常に不便を感じてしまうのである。
続く。
[PR]
by kojimatak | 2004-11-14 10:40 | 思ったこと