吉祥寺を散歩しながら感じ考えた言の葉の綴り
by kojimatak
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ:起こっていること( 11 )
米カード情報漏洩事件とカードのご利用代金明細書と@niftyと「他ネットワーク経由INTERWAY」と -その1
銀行から送られてきた、カードのご利用代金明細書を見て @nifty 今回ご請求金額の欄に 1,926 円という数字を発見したのは6月29日のことである。6月中旬、米カード情報漏洩事件が報じられ、その後日本国内でも被害が出てきているので、カードの明細書が送られてきたらキッチリと読んだほうがいいという記事が新聞などに出ていたから、言われてこの数字を発見したのは偶然ではなかったのかも知れない。
@nifty サービスセンターに電話して - 1 - 3 とたどるとテクニカルセンターの Wさんに繋がった。事情を話し何が起こっているのだろうかと聞いた。そのとき私は、誰かが私に代わって何かをしているのだろうと漠然と考えていたのである。
私は W さんと電話で話しながら nifty のホームぺーから会員サポート-利用状況照会を見て色々なことを知り、誰がどうやって進入していたのかしきりに考えていた。
私は2004年1月にココログを始めていた。1998年ころそれまでやっていた nifty のパソコン通信をやめたが、nifty の最低単価 200 円/月という会員になって nifty から去ることはしなかった。asahi-net に加入してインターネットをはじめ、メールとホームページを持って研究を始めたからである。しかしお世話になった nifty には会費を支払っただけで何もしない会員を何年も続けていたのである。
2004年1月ココログをやろうと決心をした私は、忘れてしまって自信のなかったパスワードを再発行してもらった。2004年1月9日現在と書かれている「アット・ニフティ(@nifty)ご登録完了通知(再発行)」には、基本情報が全て書かれていた。この情報をもとに、今まで支払っていた200円/1ヵ月に50円上乗せの250円/1ヵ月にして ココログを始めた のである。このとき私はアットニフティーの会員であることを再確認していたので、まさかこれが旧会員であるとは思いもしなかったのである。2004年の9月からはココログプラス会員となって月々の支払いが今までの 262 円/月から735 円/月になって2005年4月まで続いていたのである。
W さんは私が旧 nifty 会員であるから新会員に切り替えてほしいという。私は既にいわゆる新会員になっているものと思っていたのだが、Wさんはあなたは旧会員であり新会員ではないから超過料金を取られるのだという。私は旧会員だとしても5月24日から突然23回287分(4時間46分45秒)超過料金が発生しているが、それ以前はこんなことがなかったのにおかしいではないか、ほかに原因があるのではないかと W さんにいったがそれには何も答えが帰ってこなかった。
会員サポート-利用状況照会-接続情報を調べて見ると3月に1回19分、4月、2月、1月は0回0分の接続が記録されている。6月には29日の時点で82回927分(15時間26分46秒)の超過料金が発生して課金されているが、なぜ突然こうなったののだろうか。このとき私はまだ誰かが 「他ネットワーク経由INTERWAY」に進入していると思っていたのである。
だが W さんはパソコン通信時代のいわゆるアクセスポイントから接続しないでインターネットを使って接続する場合には、プロバイダーがniftyの場合の接続でも「他ネットワーク経由INTERWAY」なのだという。そしてこの「他ネットワーク経由INTERWAY」という「niftyの回線」に接続するとあなたの場合、接続時間が1時間を越えると超過料金が発生するのだという。
私は「他ネットワーク経由INTERWAY」という回線についてこのとき初めて聞いたのである。昨年ココログを初めてからいままで一度も定額料金以外支払ったことはないのにこれは一体どうしたことなのかとWさんに何度も聞いた。誰かが私に代わってこの回線に侵入しているとしか思えない、その疑念は募ることはあっても消えることはなかったのである。
Wさんの新会員になれば課金されることはないという強い勧めで、私は「他ネットワーク経由INTERWAY」という回線から脱出できる希望を持って新会員にチェンジしたのである。
つづく。
[PR]
by kojimatak | 2005-07-26 11:22 | 起こっていること