吉祥寺を散歩しながら感じ考えた言の葉の綴り
by kojimatak
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
<   2004年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧
マック再発見の旅」を読むーFinder を見る-その1
私が最初に使ったマックは Power Macintosh 7100 と Power Book 520c の2台である。仕事用に Power Book 520c を使い、自宅用に Power Macintosh 7100 を使っていたのである。
今から20年前に発売された最初のマックと現在のマックは、スペックにおいて比較にならないほど違っているが、その違いのほとんどはハードウエアーであって、ソフトウエアーはそれほど変わっていないという。
確かに、起動して最初にユーザーとやり取りを始めるアプリケーションが「Finder」であることは同じである。Mac OS X に移行するときのアルファー版では、このファインダーを変えようとした試みの痕跡は残ったが、ユーザーの強烈な要望で Mac OS 9.X まで続いてきた「Finder」を踏襲したと私は思っている。こうして Mac の Mac らしさというスタイルは、Mac つかい(マックフリーク)の中にこそ存在しているということが実証されたのだと思う。
それに対して、ハードウエアーの差異は著しく、いちいち例を挙げればきりがないという。初代と現在を比べれば、CPU のクロック周波数においてざっと200倍、標準メモリー容量は実に2000倍だという。
ここで私が注目したのは「ユーザーレスポンスと動的表示品質は変わらない」という記事である。
ハードウエアーの性能が上がり内部処理はそれだけ早くなっているわけだが、Finder をはじめとするアプリケーションの応答、ユーザーとのやり取り、ユーザーに対すレスポンスやそのタイミングなどはそれほど変わっていない、むしろあえて変えていないのだという。
初代の Finder でも、フォルダーなどをダブルクリックして開く際に、フォルダアイコンからそれを開いたウインドウまで、ズーミングするようなアニメーションを表示する。これは今でも同じである。
これはかえってレスポンスを遅くしているのになぜなのだろう。
それはもし、フォルダーをダブルクリックすると間髪を入れずにそのウインドいうが開いた状態になると、特に初心者のユーザーには何が起こったのかもわかりにくい。
私の記憶では、Mac は世界に初めて Finder を登場させたとき、その使い方をユーザーに教える必要があったので、最初からユーザーフレンドリーであったのだ。
つまり、確かに現実の世界では、2つの状態が瞬時に入れ替わるというようなものはあまり見当たらない。アニメーション表示のような処理によって、現実同様の「手応え」を作り出している、というのである。
つづく。
[PR]
by kojimatak | 2004-10-31 19:48 | 思ったこと
Firefox1.0RC1 を使ってみる -2
Index of /pub/mozilla.org/firefox/releases/1.0rc1 からFirefox(1.0RC1、ja-JPM).dmg.gz をダウンロードしてインストールした。
10月9日に使った Firefox 1.0 と比べると、日本語が文字化けしていたFotolog.net もまともに表示されるが、オオサカフォントが標準になっているようであり、ヒラギノフォントにすると全角のカタカナが半角のカタカナになったり、文字によって大小や濃い薄いが生じたりとても使えるとは言えない。
だが画面が表示されるスピードは目に見えて早い。
画面を見続けていると、私の safari ブラウザーのヒラギノフォント画面に比べ見苦しさが募って息苦しくなる。もう私はオオサカフォント画面では見続けられないことが分かった。それはつまり、手元に美しい safari ブラウザーのヒラギノフォント画面が存在しているからで、街中のパソコンセンターでそれしかないWindowsマシンを使わざるを得ない状況とは違う。
まもなくと言われている Firefox の正式版発表までにはぜひともヒラギノフォント画面を見られるようにして貰いたいものである。
[PR]
by kojimatak | 2004-10-30 18:09 | 思ったこと
Firefox1.0RC1 を使ってみる
今日発売になった MacPeople 12 に「新たな競争時代を迎えるウエブブラウザー OS 標準の Safari に求められる変革」という見出しがあって、Firefox の近況を知った。
記事を読むと、IE のシェアーの減少は、OS 標準として大幅な刷新や機能の追加が行われず進化が止まっているうえ、セキュリティー上の欠陥が次々に発見され「危険なブラウザー」となっていることによるという。逆に Firefox のベースとなる「Mozilla」ブラウザーはシェアーを伸ばし、このような事態はウエブブラウザーの新たな競争時代の幕開けを感じさせるという。
ここでSafari を考えてみると、対 IE のブラウザーということではなくむしろ Mac の世界に限れば、OS 標準という意味で IE と似たような状況にあるという。
つづく。
[PR]
by kojimatak | 2004-10-29 22:47 | 思ったこと
「livedoor スカイプ」でスカイプする
購読しているメールマガジンで面白い記事を見つけたので飛んでみた。 「ライブドア、ルクセンブルグのスカイプと提携——P2Pの無料IP電話ソフト『livedoor スカイプ』の無料提供を開始」 とあって、 スカイプがいよいよ日常生活に接近 してくる予感がした。
スカイプは、だいぶ前にファイル交換ソフト 「kazaa」の開発者たち が、立ち上げた電話ソフトで、開発者によるとスカイプという呼び名に特に意味はなく、電話するよという代わりにスカイプするよと言ってもらいたいのだという。
ユーザーにとっては電話が無料になるというだけで大いに感激する。インターネットの発展がそうであるように、無料という核の発展を忘れてはならないと思う。
livedoor スカイプ にはまだ Mac 対応のソフトが準備されていないが、早めの提供を期待したい。
[PR]
by kojimatak | 2004-10-28 18:53 | 思ったこと
フィッッシングは「人」への攻撃でシステムでは守りきれない
購読しているメールマガジンで面白い記事を見たので飛んでみた。「フィッシングは“人”への攻撃、システムでは守り切れない」とあって、私も同感だ、と思ったのである。
電話での「なりすまし詐欺」は間違いなく「人」の問題であり、電話のシステムで防ぎようはないことくらいは誰にでもよく分かる。インターネットでの「なりすまし詐欺」も間違いなく「人」の問題であり、インターネットのシステムで防ぎようはないはずである、そう私は思う。
記事 はこう語っている。「「フィッシングのようなオンライン詐欺は、システムではなく“人”への攻撃だ。システムでは守り切れない。ユーザーが“賢く”ならない限り、完全に防ぐことはできない」——。米Counterpane Internet Securityの創業者およびCTO(最高技術責任者)であるBruce Schneier氏は10月22日、IT Proの取材に対して語った。」と。
そしてこうも 語って いる。「たとえシステムで一時的に守れたとしても,攻撃者が“戦略”を変えれば,その防御方法は無力になる。フィッシングのような攻撃は,ユーザーが賢くならなければ防げない。そのためには,ユーザー教育が重要である。」と。
こうして、ユーザーが賢くなればさらに詐欺師は悪知恵を磨くことになり、泥棒がこの世に尽きないように詐欺師も尽きないのではないかと、私は思うのである。
[PR]
by kojimatak | 2004-10-27 22:49 | 思ったこと
クイックURL(URL圧縮ツール)という便利なサイト
購読しているメールマガジンを見ていたら、面白いサイトを見つけたので飛んでみた。
QRL.jp というサイトで、
「インターネットをより快適に利用できるサービスを目指しています。例えば地図サイトのURLをメールで転送した時、リンクがきれて困ったなどの経験はありませんか?
まずはメール転送で失敗の多い長いURLを圧縮する「クイックURL」をリリースいたしました。
より簡単に圧縮できるツールをご用意いたしました。ぜひご利用下さい。」とある。
どのようなときに利用するのかという例があって、たとえば google で検索した長い URL をメールにコピーして知らせる場合、例えば「日本国憲法(総務省)」の URL をメールにコピーして送る場合など、長過ぎて失敗する場合が多いときなどに威力を発揮するという。
例えば「日本国憲法(総務省)」のURL
http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?ID X_OPT=4&H_NAME=&H_NAME_YOMI=%82%a0&H_NO_GENGO =H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_NO_NO=&H_FILE_NAME=S21KE000&H_RYAKU=1&H_CTG=1&H_YOMI_GUN=1&H_CTG_GUN=1 KE000&H_RYAKU=1&H_CTG=1&H_YOMI_GUN=1&H_CTG_GUN=1
圧縮すると
http://qrl.jp/?u=152
圧縮率が10.53%
この圧縮機能を使うには、このサイトの ページ中央のクイックURLのフォーム に、短縮するためにコピーしたURLを貼付け、つぎに圧縮ボタンを押すだけ、すぐに圧縮されたURLが生成される、というもの。そして無料である。
ここまで読んでみて、これは非常に便利なので大いに利用してみたいと思った。
[PR]
by kojimatak | 2004-10-26 22:16 | 思ったこと
また新たな手法の詐欺サイトが現れる
購読しているメールマガジンに面白い記事を見つけ飛んでみた。 「フィッシングと異なる新たな手法の詐欺サイトが増加中」 とあり、記事によると、フィッシングが正当な電子メールを装うのに対して、銀行や小売販売などの既存の企業を模倣したWebサイトを作ってユーザーを誘導するという。
そして、ユーザーは電子メールやWebページのリンク、検索エンジンなどを通じて見つけるため、正当なWebサイトだと信じてしまい、事務用品の注文やローンの申し込みを行うつもりで個人の金融情報を提供してしまうという。
ここまで読んで私は、数日前にも書いたが詐欺師の悪知恵は本当に尽きないものだと思ったのである。
[PR]
by kojimatak | 2004-10-25 22:17 | 思ったこと
ブログ「だいちゃんぜよ」を見つけた
購読しているメールマガジンの未読メールを整理していたら面白い記事を見つけたので飛んでみた。 「知事自らがブログで県民・職員へ情報発信、高知県 橋本大二郎知事」 という題目で、記事を読んでみると、「組織のトップが情報をオープンにしていくことはもはや責務」という橋本知事がブログを知ったのは2004年の2月だったという。
橋本知事は、知事のメールマガジン「とりあえず一言」も発行しているが、記事作りや編集を簡単にして、毎日公務で会った人々や出来事から受けたインスピレーションを元に、日々の思いや世の中の動きについて書きつづって、県民と職員に向けた気軽な発信にしているという。
「だいちゃんぜよ」 というタイトルのブログで、3月31日から始めている。ブログに挑戦とはなかなか面白い発想であり、始めて見れば誰でもできるが、知事で始めたのは橋本大二郎が最初である。
ところで、橋本知事は10月13日付けで知事を辞めてしまっている。「しばらくお休みします」というエントリーを最後に以後の記事はない。コメントとトラックバックには再開に期待しているものが多い。
なお、「とりあえず一言」は既に削除されていて今はない。
ブロッガーとして、私もブログの再開に期待している。
[PR]
by kojimatak | 2004-10-24 23:22 | 思ったこと
パソコン盗難による情報流失をどう防衛するか
朝の朝日新聞13面の見出しに「守れパソコン情報」という見出しがあった。読んでみると、社外でパソコンを使う機会が増えるにつれて、盗難による重要な企業情報の流出が頻発しているということで、パソコンメーカーや関連企業が「企業パソコン防衛策」に取り組んでいることが紹介されている。
パソコンを他人に操作させないために、ソニーの非接触型ICカード「フェリカ」を本体にかざさないと起動しないノートパソコンを富士通が今月発売し、無線を利用して胸に付けた名札とパソコンを連動させる仕組みを来年3月シチズンが発売するなどとある。
ハードディスクを盗んでその中の情報を読み取られることについては、パソコンに組み込まれた「カギ」のソフトがなければデータは見えないようにするなど、工夫がなされているという。
むかし私が現職のころ、土曜日から日曜日にはパソコンを家に持ち帰ったいたのを思い出した。Macのノートパソコン PowerBook5300cs を大きな黒い鞄に入れ、金曜日と月曜日には肩に担いで通っていたのである。小田急線のロマンスカーに新宿から本厚木まで乗っていたので、ソニーを訪れる外国人たちが同じような鞄を持っているによく出会った。彼らは背が大きいから同じような鞄でも小さく見えた。
パソコンを持ち歩いている人たち、例えばアメリカ人たちのセキュリティーについての考え方やアメリカ企業の情報セキュリティーに付いても興味が湧いてきた。
[PR]
by kojimatak | 2004-10-23 12:10 | 思ったこと
フィッシング詐欺はもっと高度で悪質になるという
購読しているメールマガジンで面白い記事を見つけたので飛んでみた。 「成功率が50%、フィッシング詐欺はもっと高度で悪質に〜米研究者が予測」 では、現在まだ行われてはいないが将来行われるであろうフィッシング詐欺を、あらかじめ考案して研究していることからいえるのは、成功率が50%にも達する可能性があるという。
私はこれを読んで思う。つまり現実にネット外で行われている詐欺のあらゆるバラエティーは、ほとんどすべてネット内に持ち込まれるということではなかろうか。詐欺のあらゆるバラエティーがネットを利用するようになった場合には、尋常ではない規模のの被害が発生することも考えられる。
マシンをだますのではなく人をだますほうが、詐欺師に取ってはやりがいがあるのかもしれない。詐欺師が尽きることはないと改めて思う。
[PR]
by kojimatak | 2004-10-22 22:50 | 思ったこと