吉祥寺を散歩しながら感じ考えた言の葉の綴り
by kojimatak
<   2004年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧
Firefox を使ってみる
さる10月9日にFirefox というブラウザーを設定してみた。その日の朝日新聞の記事を見て、Windows を使っている人たちが IE に代わるウエブブラウザーとして最も注目を集めているのがこの Firefox だというので、ダウロードしたのである。
インストールしてしてみたが、まだ Mac OS X 対応のブラウザーは日本語対応になっていないので、手探りで操作してみると何とかかタブを使えるようになった。ここまでの画面を見ると safari とほとんど同じである。
いちばん目立つ特徴はきびきびした表示の早さであろう。タブで展開できるサイトの数も画面の幅を広げさえすれば、たとえ30サイトでも起動できてしまうところがsafari と同じですごい。
Preferences の設定で Fonts をヒラギノにすると反映されるサイトと反映されないサイトがあって、ヒラギノの特に丸ゴは具合が悪いことが分かった。そこで旧来の Osaka に設定して取りあえず満足することにした。この点は safari とは全く違っている。
また画面の中ではドロップダウンメニュの表示が少し異なり、メニューボックスが角ばって表示されるがプルダウンメニューの中身に色が反映されているという良い点もある。
またよくわからないことは、localhost つまり自分のハードディスクの中に置いてあるファイルを読み出すと日本語が文字化けしている点である。また Fotolog.net を表示させるとアップロードしたファイルの日本語が文字化けしている点も、safari では文字化けしていないのでその理由がよくわからない。
最も気に入らない点はヒラギノが使えない点である。Internet Explorer(IE)の Mac 版はヒラギノフォントが使えるというのになぜであろうか。日本語に対応していない英語版だからであろうか。
まだほんの少し操作しただけであるが safari を越えているものを感じることはできなかった。これが今のところの私の感想である。
[PR]
by kojimatak | 2004-10-11 22:01 | 思ったこと
中国河南省、夏王朝初期の都跡か
先ほど未読メールを既読にするため斜め読みしていたら「中国:4千年前の大型都市遺跡を発見 河南省新密市 毎日新聞」とあるのを見た。思い出すと昨日の朝日新聞で見たはずである。早速探してみた。
10月9日付け朝日新聞朝刊38面の見出しに「夏王朝、初期の都跡か 中国河南省」とあって「「北京ー時事」中国河南省新蜜市の「新砦遺跡」から、伝説上で最古の夏王朝(紀元前21世紀〜同16世紀)で最初に造られたと見られる都跡がこのほど発見された。」とある。
毎日新聞では、「中国:4千年前の大型都市遺跡を発見 河南省新密市 毎日新聞 」として「8日の新華社(電子版)などによると、中国社会科学院考古研究所は、河南省新密市の新砦遺跡で、中国最初の王朝、夏(紀元前2070〜同1600年ごろ)の早期の都とみられる約4000年前の大型都市遺跡を確認した。夏王朝の始祖、禹(う)の子、啓(けい)の都の可能性が非常に高いという。」とある。
日本経済新聞では、「中国で4000年前の遺跡発見、夏王朝初期の都跡か」として「上海8日共同】8日の新華社(電子版)などによると、中国社会科学院考古研究所は、河南省新密市の新砦遺跡で、中国最初の王朝、夏(紀元前2070—同1600年ごろ)の早期の都とみられる約4000年前の大型都市遺跡を確認した。夏王朝の始祖、禹(う)の子、啓(けい)の都の可能性が非常に高いという。」とある。
見比べてみると、それぞれ通信社は違うが内容はほとんど同じと見られる。では中国ではどのような報道がなされているのか調べてみようと思った。ちょうど先ほどマジカルゲートの会員に登録したばかりで、中国 Yahoo をまだよく見ていないので、この際見てみようと思ったのである。
ところが私の検索の仕方が悪いのか、「河南省新蜜市 夏王朝 」、「二里頭 新砦」などのキーワードでヒットするなかには、該当するものは見つからなかった。ヒットしたサイトの特徴を見ているうちに、サイトを作っているほとんどの人に、これらのことは全く関心がないからではないかと思うようになった。
だが「人民網日本語版」の記事を見つけたのである。そこには「初めて発見された夏代早期大型城跡、河南“新砦遺跡”(2004年4月15日)
http://j1.people.com.cn/2004/04/15/jp20040415_38571.html
2年間にわたる河南省新密市“新砦遺跡”考古発掘は重要な収穫を得た。考古学者は“新砦遺跡”を、広大な規模の内外三重の濠と大型建築で構成された夏王朝(約紀元前22世紀の末期或いは紀元前21世紀の初期〜約紀元前17世紀初期)早期大型遺跡であることを確定した。遺跡の中に初めて夏文化時期の城壁を発見したが、これは改めて夏文化早期集落形態を確認し、夏文化の上限時期を確定するための重要な意義を持っている。
発掘業務を担当した中国社会科学院考古研究所の趙春青研究員は「新砦遺跡は、原始社会末期の典型的な民族集落の中心で、龍山時代と夏文化の間を繋ぐ役割を果たしており、考古学上“新砦期”と呼ばれている」と説明している。
“新砦遺跡”の総面積は100万平方㍍で、外濠、城壁、内濠の三重防御施設を持ち、中心区は大型建築が建設された大型城跡である。城跡の東壁と北壁はクリークの内壁を整備し盛土突固め工法で建造されたもので、西壁と外濠は人工構造のものである。北壁から220 ㍍離れたところには人工構造と自然的の川溝の組合わせ濠渠があり、つまり外濠は東西方向へ長さ1500㍍、南北方向の幅は6—14㍍、深さは3—4㍍の濠である。城跡西南部の地勢は比較的高く、内濠が建造され、西、北、東の三面が現存しており、内濠に囲まれた地域が城跡の中心地区である。
城跡中心区で東西50余㍍、南北14.5㍍の大型建築の基礎部分を発見された。すでに一部の突固め建築法による城壁、柱穴、燃焼赤土、活動痕跡など重要な遺跡が整理され、銅容器残片、二里頭文化青銅図案装飾器蓋、かい龍模様を刻んだ陶器円形脚など高度な仕様規格の遺物が整理されており、該区が貴族の住居であったことを示している。説明によると、“新砦遺跡”発掘業務は中国「第10期五カ年計画(2001〜2005年)」の重点科学技術プロジェクトであり、“中華文明の源を探る予備研究”の重要な構成部分になっている。
“中華文明の源を探る予備研究”は華夏文明の起源、形成及び早期発展を解明することを中心テーマとし、計11テーマを課題としている。その中の一つは、豫(河南)西(部)晋(山西)南(部)地区の龍山時代(新石器時代後期)から夏代早期に至る集落形態に反映されている社会構造というテーマ課題であり、国家専門家によって河南省新密市の古代城塞跡と新砦遺跡、登封市王城崗遺跡及び山西省の陶寺遺跡がこのテーマ課題解決のための重要地区として確定されている。」とあった。
しかしこの記事は既にどこかで見ているような気がした。中国の情報検索は難しい、そう思っているところである。
[PR]
by kojimatak | 2004-10-10 21:19 | 思ったこと
年金制度をインターネットで試せるソフトの開発
今朝の朝日新聞 be on Saturday b3 に 「誰でも制度設計できるソフト開発中 ネットが年金を変える」 と大きくでていたので読んでみた。
「10月分の給与から、厚生年金の保険料が上がる。なぜ、いま上げないといけないのか。厚生労働省の計算プログラムを分析し、だれもが自分の考えた年金制度をインターネットで試せるソフトの開発が、ネットで結びついたボランティアの手で進んでいる。IT 技術の進歩が、年金論議を変える可能性もある。」とある。
このボランティアチームは 「公的年金タスクフォース」 。呼びかけ人のKFi・ 木村剛 代表は「「いまの年金論議は、学者や政党が改革案を打ち出して、主張しあうだけで具体性に乏しい。政策は、現実社会で機能しなければ意味がない。それを検証できる道具ができれば、地に足がついた議論が出来るはず。」と狙いを語る。」とある。
タスクフォースのメンバーは日本中から集まっており、リーダーは McDMaster さん、女性メンバーの くりおね さんも本業や家庭生活に影響が出ない範囲で参加して、やれることをやるという。
厚生省がこの年金モデルを公開したとは大きな進歩で非常に意義がある。なおさらに、基礎的なデータも関連して公開されれば、広く国民が政策課題の一端に触れ国民共通の認識が出来る可能性がある、と私も思う。
ネットもこのような使い方には適しているので、今後も同様な分野が広く開拓されていくだろう。
[PR]
by kojimatak | 2004-10-09 19:37 | 思ったこと
ローマ字が書かれている地図
手元に、先日谷中銀座に行ったときに三崎坂で貰った地図がある。ローマ字が書かれていたので少し気になっていた地図である。
art-Link Map&Guide 9/25~10/11 の裏面にその地図はある。三崎坂は Sansakizaka とカナではなくローマ字が振ってある。
別の話だが私は、むかし読んだ本の漢字に総ルビが振ってあってとても楽しめたことを今でもよく覚えていて、今なぜルビをケチケチ振っているのか、不満だったのである。
だから、ローマ字の振ってあるこの地図はなかなかいいと思うのである。この観光地図には番号を振ってあるところの説明が裏面に日本語であって、その下翻訳された英文が載っている。英語の読める外人向けの観光案内地図であるが、私のような日本人にもなかなか役に立つ。
根津神社は Nezu Shrine で、谷中霊園は Yanaka Cemetery 、築地塀は Tuiji-Block などとあって楽しめる。
[PR]
by kojimatak | 2004-10-08 22:08 | 思ったこと
椅子を探しているがいいものがなかなか見つからない
たまたま手に取ったサンワサプライの Mac SUPPLY CATALOG の中に chair のページがあった。
今私が使っている椅子は買ってからもう10年は経っている。机と一緒に買った椅子は尻が落ちるようになり、左の肘掛けも取れてしまって久しい。
でもスタイルが気に入っていて手放せないで、自分なりに補修して使い続けてもう5年になる。そろそろ新しい椅子にしなくてはと考えているのだが、まだとりかえる椅子が見つかっていない。
私が取りあえずたてた選ぶ基準は、背もたれがほぼ直立していて腰への負担が少ない、というものである。だがもう一つ、椅子として備えていなければならない基本的なものがわかっていない悩みを感じている。座ってみて体感するのが一番いいのかもしれない。
だからもうしばらく椅子について研究する時間が必要だと思っているのである。
[PR]
by kojimatak | 2004-10-07 22:01 | 思ったこと
日本の八百万の神は誰でもお参りできる
今朝テレビ3チャンネルを見ていたら、外国人の観光案内している日本の女性通訳の映像に出会った。なかなか面白いので見ていると、神社に参拝しているシーンがあって、神社についてのやり取りで感心したことがあった。
外国の女性が教えられた手順でお参りを済ませてから突然、”私の国では信者でないとお参りできないのだが、日本ではいいのでしょうか?失礼にならないのでしょか?”と質問したのである。
日本の女性通訳は即座に、”日本は八百万の神で、寛大ですから大丈夫!神様のうちの誰かが願いを聞いてくれますよ”と言ったのである。
私はこれを聞いて、たぶんキリスト教では信者でないとその教会にお参りができないのだ、今まで気付かなかったこのことに驚いたのである。日本で仏教の場合には信者以外は近寄れない、などと考えたこともないだろうと思った。
つづく。
[PR]
by kojimatak | 2004-10-06 23:22 | 思ったこと
Lime Wire を使ってみる
朝から雨が降って外に出られないので、家で本を読んでいたら、「ステキな Mac さん禁断の便利ノート」マックさん・九天社の最後のほうに Lime Wire というソフトの話を見つけた。私には初めてのソフトだが、なかなか面白そうなので使ってみようと思った。
ダウンロードしてインストーラーをクリックすれば後は簡単であった。ディスクトップ上にできているエイリアスをダブルクリックすると Lime Wire が起動しウイザードが表示されるので、少し考えながら設定すればライムを半分に切った形のアイコンの「 Lime Wire : Gnutella ネットワーク実行中」というウインドウが現れる。
最初の画面は検索画面で、そのほかに監視、ライブラリの2画面がある。最初の検索画面で試しに「全種類」を選び、「ファイル名」を Mac として「検索」ボタンを押してみると、「mac518」と右側の画面にずらずらとファイルが現れてきた。しばらく眺めて、4つ星の形式 mp3 のファイルを選択してダウンロードボタンを押してみた。ホームディレクトリのなかの Shared フォルダを開けると、その mp3 ファイルがあって、ダブルクリックすると iTnues が起動してただちに Rap 音楽が聞こえてきたのである。
つづく。
[PR]
by kojimatak | 2004-10-05 22:50 | 思ったこと
livedoor Blogリーダーを使ってみる
昨日私は始めてlivedoorを訪れてlivedoor Blogリーダーを設定してみた。RSSの実験には自分のブログを2つ使ってみて、一応使えることは確認したのである。
今日、livedoor のホームページに行ってみたが、私がよく見るeXciteや楽天のページと違って、メンバーになっているはずなのに「ようこそZZZさん」というのが見あたらない。livedoor から受け取ったメールからはウエブメールのページを探すことができないので電話して聞いてみると、何のことはないホームページの右上にその「ようこそZZZさん」というのがあったのである。電話では、右上右上というのだが、なかなか私には見つけられず、だいぶ時間がかかってしまったのである。
先入期待感があるので、その辺りにしか探す目は届かない、つまり画面にはあるのであるがゴチャゴチャしていて私が予期している場所には何もないのである。でも一旦見つかれば、次から迷うことはないだろう。私の場合、自分に必要なところ以外は目にも入らないので、livedoor の大方のメンバーとは趣味が大いに違うらしい。
livedoor Blogリーダーを開いてみると、昨日見えなかったブログのエントリーはやはり見えない。少し調べてみると、「最終更新日:2004年10月03日 16:57:32」とあるのがその原因であることがわかった。つまり、私のエントリーはその時刻以後にアップされているからである。だが、RSS リーダーのパラボラミニでは今日4日にアップしたエントリーも見えるのである。
もう一つのブログのRSSページには「最終更新日:2004年10月03日 23:18:21」とあって、その時刻までのエントリーは読むことができる。
使い勝手については、まだ RSS ページの読み込み開示速度が遅く、livedoor Blog を使っている人が使うことを念頭においているページであり、その場合にはなにほどかの役に立つと思う。つまり、パラボラミニのようなソフトをlivedoor Blogのなかに取り込んでみようという試みであると私には思われる。
[PR]
by kojimatak | 2004-10-04 18:40 | 思ったこと
livedoor Blogリーダーを設定してみる
購読している Broadband Watch Flash を見ていたら「ライブドア、ブラウザから利用できるRSSリーダー「livedoor Blogリーダー」」という記事が目に入った。
いつもは飛ばして見ているのだが、今日は何気なく目に留まったので、面白い出会いがあるかもしれないと思ったのである。私はライブドアと付き合ったことはこれまでになかったので、何かのきっかけで覗いてみようと思っていたところだった。
登録は簡単で、すぐに「livedoor Blogリーダー」を使うことができた。最初に自分のブログを登録してみると、livedoor Blogリーダーの左のメニュー欄の下にフォルダー欄ができて、いま登録した自分のブログがお気に入りフォルダーのなかに表示された。
そのブログの文字列をダブルクリックすると少々時間がかかったが右側の画面に10件くらいのエントリーが表示された。しかし本日のエントリーが表示されていないので。再読み込みをクリックすると表示が乱れて旨く機能しない。まだ完全ではないのかもしれない。
そこでもう一つ私のブログを登録してRSS配信の画面を表示させてみると、こちらは見事に15件ほどが出てきた。再び最初に登録したブログをクリックしてみるが本日のエントリーは相変わらず出てこない、
こんなところで、また明日考えることにして今日は実験を終了することにした。
[PR]
by kojimatak | 2004-10-03 23:23 | 思ったこと
ペルーの電波望遠鏡を支援する会
今夕の朝日新聞2面の見出しに「ペルーに電波望遠鏡 ゲリラの妨害乗り越え」とあるのに興味をもって読んだ。記事には「47年前に南米・ペルーに渡った日本人天文学者とその次男が来春、アンデス山脈にペルー初の電波望遠鏡を開設する。だが、同国の財政は厳しく、運営費不足を解消するめどは経っていない。」とある。
つづいて「次男で国立天文台・研究支援員のイシツカ・ホセさん(44)は先月23日、盛岡市での日本天文学会で計画を説明した。
首都リマから東に330キロ、小都市ワンカイヨ近郊にある民間衛星通信用の不要になったアンテナ(直径32メートル)を譲り受け、電波望遠鏡に改造する。
父石塚睦さん(74)は、京都大学大学院生だった57年、妻と生後間もない長男と一緒にペルーに渡った。」とある。
「ペルーの電波望遠鏡を支援する会」 のページに飛んでみると、次のように書いてある。
「我々日本の有志としてもペルーが世界の天文学に参加するこの計画を実現させたいと思います。
ここに石塚博士のペルーにおける長年の情熱を応援すると共に、この新たなチャンスに対して皆樣方のご支援を是非お願い致します。
 募集単位   一口  1000円
     金額の多寡に関係なくご協力ください。
 郵便振替口座:  00130-9-629889
 口座名:   ペルーの電波望遠鏡を支援する会
       ペルーの電波望遠鏡を支援する会代表
           井上 充 (国立天文台) 」とある。
2004年10月2日現在ホームページ訪問者910人、募金の状況は、2004年9月29日までの合計で 208,758円 + US$10 となっている。
近頃にないすがすがしい話だと私は思う。
[PR]
by kojimatak | 2004-10-02 22:13 | 思ったこと